レンタルオフィスとシェアオフィス

このエントリーをはてなブックマークに追加

レンタルオフィスやバーチャルオフィスを検索して探しているとよく見るようになった単語…

「シェアオフィス」

レンタルオフィスやバーチャルオフィスと何が違うのか?
こちらのページではシェアオフィスについて説明していきます。


■シェアオフィスとは?

シェアオフィスとは「シェアードオフィス」という言葉を指しますが、字のごとくオフィスを共有して使用するというレンタルオフィスの一種と考えて良いでしょう。

それではシェアオフィスについて解説する前にかんたんにバーチャルオフィスとレンタルオフィスについて解説いたします。

バーチャルオフィスとは住所や電話番号などオフィスとしての機能を備えてはいますが実際に仕事を行うスペースはありません。

それに対して、レンタルオフィスというものは住所や電話番号はもちろんのこと、その上実際に仕事を行うことが出来る自分だけの占有スペース、いわゆる仕事場があるということです。

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いについての詳細については下記記事を参照して下さい。

レンタルオフィスとバーチャルオフィス

以上のことを踏まえて、改めてシェアオフィスについて解説していきます。

シェアオフィスのサービス内容はレンタルオフィスとほぼ同じ内容です。

ただ、レンタルオフィスの場合は自部員だけの固有の占有スペースを指すことが多いことに対し、シェアオフィスは仕事場を共用で使用することを指すことが多いです。

シェアオフィスは多種多様な業種の方々がオフィスフロアを共有して使用します。

レンタルオフィスの場合では固有のスペースとなるため占有ルームなど独立した形を取ることが多いのですがシェアオフィスではデスクの周りに小さな衝立などがある程度がほとんどで、意見や情報交換などが行いやすいため他業種の起業家との交流がしやすい場となっております。

共用で使用する方法は提供するオフィス様によって様々でフリーアドレスという形をとり好きなスペースを共有で使用したり、自分専用のブースに割り当てる場合もあります。

オフィスエリアに区分がある場合もあります。

例えば、自由に使用できるフリーエリアがあったり、打ち合わせ専用のエリアがあったり、逆に電話や私語などが禁止されるサイレントエリアなんてものがある場合もあります。

提供の方法はこのように制限があったりしますので契約する前にどのように使用したいのかを明確にしたうえでお調べすることをオススメします。


■シェアオフィスのメリット

シェアオフィス特有のメリットとしては多種多様な起業家と交流がしやすい点です。

多種多様の起業や個人とネットワークを構築することは大きくプラスになります。

情報交換を行ったり、アドバイスをされたりもしくはこちらからアドバイスをすることによってできるネットワークはビジネスにつながることも多いです。

はたまた、自分が触れ合う機会のなかった業種との繋がりは思いもよらないビジネスにつながることがあるかもしれません。

オフィスの運営会社によっては、入居者のネットワーク構築のお手伝いをするために定期的に交流会やセミナーを開催する場合もあります。


■シェアオフィスのデメリット

シェアオフィスの特徴上、スペースを共有で使用するためセキュリティの面には不安は多いです。

入居者以外の方が多く出入りする、他人の作業風景を覗きやすいなど情報機密などを扱う場合は注意が必要になります。

また、インターネット環境も共有しているためネットワーク速度やネットワークセキュリティを気にする業種の場合も注意が必要になります。

交流がしやすいということは周囲の音が気になる場面も多々あるということです。

他社様の打ち合わせの話し声、作業音などはどうしても耳に入ってしまいます。

仕事に集中したい場合や、静かに仕事をしたい方にとってはマイナスに働くかと思います。


以上がシェアオフィスのメリットとデメリットになります。

レンタルオフィスとシェアオフィス。
利用用途に共通項が多いですがどのようなシチュエーションで仕事を行うかしっかりと明確なビジョンを持ってオフィス探しを行ってください。

Biz Home Ginza レンタルオフィス東京・銀座にはシェアオフィスの環境はございませんがミーティングルームやワークスペースなど他社様と触れ合える場所はございます。

レンタルオフィスでは固有のスペースだけでなく今日からでも仕事が始められるように電話などの家具もそろっております。

快適なオフィスワークをお約束いたします。

ご利用料金について

お申し込みについて

2018年1月25日 | カテゴリー :