士業の独立開業にはレンタルオフィスがおすすめ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

レンタルオフィスは起業家の方が多く利用していますが士業の独立開業にも強くおすすめしております。

士業の中でも特に、弁護士、不動産鑑定士、税理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士の方々にとってレンタルオフィスでのサービスが弁護士や税理士などの独立開業に非常に有効なのです。

スタートアップを格安に低リスクで始めることができるのです。

 


■オフィスを賃貸するより格安に利用できる

オフィスを都内で賃貸する場合、賃貸料金の他に敷金、場合によっては礼金が必要なこともあります。
そこから、内装工事、コピー機を始めとするOA機器類の導入など莫大な資金が必要となります。

レンタルオフィスであればオフィス利用料金のみで敷金や礼金はありません。
当然、内装工事も必要ありません。

また、OA機器類も一式揃っているため改めて購入する必要はありませんし、ITネットワークの環境もあるため準備に時間をかける必要がありません。

自分のパソコンを持ち込めばその日から営業を始めることが出来るのです。

 

■一等地に開設して信用を高める

弁護士、不動産鑑定士、税理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士…

士業を独立で開業する場合、お客様からの安心してご利用して頂けるようにまずは信用度を高めることが非常に重要となります。

お客様に信用してもらえればその分リピート率も上がります。

レンタルオフィスは一等地にて営業していることが多いです。
主要な駅の近く、ビジネスの中心地など分かりやすい場所に事務所を開設することでお客様のアクセスもしやすくなります。

これは自宅で開業した場合では満たすことが難しい条件かと思います。

 

■きちんと管理された会議室が利用できる

独立で開業する場合、お客様との打ち合わせをする場所が必要になります。

お客様を自分の仕事スペースで対応してしまえばマイナスイメージを与えかねません。

会議室や応接スペースが必要になります。

オフィスの賃貸の場合は専用のブースを用意しなければいけませんし自宅で開業した場合ではこのようなスペースを確保することも難しいかと思います。

その点、レンタルオフィスであればきちんと整備された会議室が利用出来ます。
管理、清掃も運営会社が行うので自分は会議室の利用予約を取れば余計な時間に頭を悩ます必要がありません。

また、レンタルオフィスが運営する会議室であれば充実した内装や設備も整っているのでお客様に良い印象を与えることが出来ます。

 

■事務や電話、秘書サービスの充実

独立開業時は、営業重視になり事務所を空けることが多くなります。

誰もいない事務所に仕事を依頼する電話…
先生に相談に来るお客様…

このような貴重なビジネスチャンスをみんな逃してしまいます。

オフィスの賃貸や自宅での独立開業の場合、開業したては人材を雇う余力が無い場合も多いです。

また、せっかく固定電話を設営しても携帯電話への転送では留守番電話につながることが多くなりお客様へ不信感を与えることにもなります。

しかし、レンタルオフィスを利用すれば外出中や来客中であっても電話応対のサービスや留守中での来客の対応を行ってくれます。

わざわざ人材を確保せずともレンタルオフィスのサービスを利用すれば留守の心配やビジネスチャンスも逃しません。

 


 

いかがだったでしょうか?

以上が弁護士、不動産鑑定士、税理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士の独立開業にはレンタルオフィスが非常にオススメである理由です。

士業の独立開業のスタートアップは営業活動が非常に重要となります。

そのためオフィスを賃貸や自宅での開業ではどうしても開業準備に手を取られてしまいますがレンタルオフィスを利用することでそのロスを削減することが出来、すぐにでも営業活動を開始することが出来ます。

士業の独立を検討している方…

レンタルオフィスのご利用はいかがでしょうか?

 

Biz Home Ginza レンタルオフィス東京・銀座では只今、レンタルオフィス会員様を大募集しております。

Biz Home Ginza レンタルオフィス東京・銀座は郵便物に受取、秘書電話対応、もちろん不在時のお客様への対応などこれらサービスを含めてこみこみの36,000円でご利用いただけます。

 

弁護士、不動産鑑定士、税理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士の独立開業のチャンスです!

一度当社のレンタルオフィスをご覧になってください。

 

▶サービスについて

▶料金について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です